好みってなんて不思議で奇跡だと思った話 | 書籍・広報誌・パンフレットのデザイン事務所 アップライン株式会社

営業時間 平日9:30~18:30 03-6426-1780

打ち合わせのご予約

ご相談・お問い合わせ

BLOG

好みってなんて不思議で奇跡だと思った話

posted : 管理者

category : ブログ 日常

私はどうやらあまり食に興味がないようで。食べているものが毎日だいたい同じです。朝はプロテインとヨーグルト、昼はプロテインのみ、夕食にせいぜい何か普通のご飯ものメニューという感じで、唯一の楽しみは完食のおやつが日替わりなことくらい。その時の流行り?でプロテインがグラノーラだったりしたこともありますが、だいたい今までもずっとそんな感じで生きてきました。飼い猫のご飯(カリカリ)を出して、自分のご飯(ブランフレークなど)を出すと「私の味覚、猫レベルだなー」と思って笑ってしまいます。

 
本人は特に不満もなくラクなのでずっと続いているのですが、人に言うと結構驚かれます(というか引いてる?)。

 
ただし食べることが嫌いではないので、お誘いがあれば喜んで出かけるし、そもそも食に対するハードルが高くないので、ほとんどのものを美味しくいただけます。

 
そんな私でも好きな食べ物や嫌いな食べ物があって、例えばエスニック料理が好きだったり、あとみたらし団子やおいなりさんが苦手だったり。だけど人によっては「パクチー大嫌い」だったり「みたらし団子大好き」だったりしますよね。これってどんな風に決まっているんだろう?

 
もっと言えば色だって、服だって、仕事や住む場所だって好みがある。そして人間だってそう。合う人合わない人がいる。これはなんだろう、遺伝子がそうさせているのかな?

 
だけどひとつだけ言えることは、みんな好みが違ってよかったということ。もちろん人気が集中することもあるけれど、もし人の好みが一律だったなら人間は滅んでいたよなあ、と。

 
今日も昨日と同じ味のプロテインを美味しくいただきながら、そんなことを思うのでした。

leaf