経験したことの積み重ねがあなたの人生をつくる。 | 書籍・広報誌・パンフレットのデザイン事務所 アップライン株式会社

営業時間 平日9:30~18:30 03-6426-1780

ご相談・お問い合わせ

BLOG

経験したことの積み重ねがあなたの人生をつくる。

posted : 管理者

category : ブログ お知らせ一覧 日常 お知らせ更新

…とあらためて言われるとインパクトがある感じがしませんか?
これは最近読んだ本に書いてあった言葉で、私が手帳に書き留めたものです。全文は“人は何に意識を向けるかによって、何を経験するかが決まり、その経験の積み重ねが人生を決める”という、ウィリアム・ジェームズさんという人の言葉です。この言葉を私は以下のように解釈しました。
 

「意識を向けている、あることがら」→「そのことがらに多くの時間をさき、情報を集めたり知識を蓄え、認識を深める。」→「そのことがらを恐る恐る実際にやってみる。」→「うまくいかなくてもトライアンドエラーを繰り返して、だんだんできるようになる」→「楽しくなる」→「そのうち少し飽きるがラクにできるようになる」→「いつのまにかそのことがらが自分の一部を形成するようになる」
 

例えば私にとってはデザインという経験もそうなのですが、過去様々、興味を持って取り組んできたこと全てがこの流れに当てはまるのです。もちろん一過性のブームのように、今は興味を失ってしまったこともたくさんあるので、全ての道を通らない場合もあるけれど、それも今の自分を形成しているカケラであることは間違いないなあと。そのように考えて見ると、日々何に意識を向けるかということがとても重要に思えますよね。
 

「もっとこうなれたらいいのに」「こんな自分になりたい」と思って新しいことを始めるものの、つい3日坊主になってしまう。そんな時は「自分の意識を向けるべきところへ向けるための質問」を自分自身へ投げかけてみてください。
1)私の望んでいる結果は何か?
2)その結果を得るために、今私がエネルギーを投入するべきことは何か?
3)今やっていることは、私がエネルギーを投入すべきことか?
 

どうでしょう?こんな風に尋ねられたらドキッとしませんか?
本に書かれていたこの言葉によって、私はたびたび我に返ることができるようになりました。途中で横道に逸れても、またもとの道に戻ることさえできれば、いつの日か自分が辿り着くべきなりたい自分になれるのですから。

leaf